こんばんは、ゆずゆきんです。

太陽と穂香の飼い主さんも決まらないまま、新たな保護猫を抱えることとなりまして。

中標津町民の方からの相談で、
野良猫が家の前に来て鳴くのでかわいそうになって玄関に入れ、
餌をあげてしまったとのこと。
相談者さんは飲食関係のお仕事をされており、猫を飼うのは難しい環境。
けれどこの寒い中に追い出すのも忍びなく、どうしたらいいかという相談でした。

よくよく話を聞くと、1年前の冬、子猫の時にも相談者さんのお宅の前に来ていて
餌をあげていたのだそうです。
その時に保護して里親を探すことを考えたそうですが捕まえることができず
そのまま行方がわからなくなっていたそうです。
そして今回1年ぶりに戻ってきたのだそうです。

話し合った結果、相談者さんが食費や医療費等負担していただけるということですので
私が預かり、新しい飼い主さんを探すこととなりました。

一昨年の秋生まれなので1歳2か月程度、オスの茶白のトラ猫です。
仮名は相談者さんがつけてくださいました、【牧歌】です。
1月4日月曜日、保護しました。


bokka20160104-1


保護直後、キャリーの中の牧歌。
実は捕まえるのに大暴れし、おしっこももらし、大変でした。
これで果たして飼い主募集出来るようになるんだろうかとちょっと不安になりました(^-^;

すぐに病院へ連れて行くつもりでしたが、これじゃとてもじゃないけど診察は無理。
まっすぐ自宅へ連れて帰り、ケージの中へ。


bokka20160104-2
近寄るニャ~!(怒)


震えながら怒ってます。
そして猫トイレに籠城。


bokka20160105-1


そこは寝るところじゃないんだよね~。
でも固まってるだけで攻撃しそうにないように見えたので撫でてみたら。


bokka20160105-2


あ、撫でれた!
これならなんとかなるかなと、ちょっと希望が見えた初日。

そして翌日。
朝になってもトイレに籠城したまま、ご飯もまったく食べていませんでした。
もちろんおしっこもうんちもしていません。

焦っても仕方ないのであまり構いすぎないように、
でも時々様子を見に行っては撫でたりしていたら、
夜になってやっとトイレから出てご飯を完食!
そして、トイレの中にはおしっこしたあとが!

こういうところ、犬より猫のほうが楽ですねー。
トイレ、教えなくても砂でできますもんね。


そして、撫でていた私の手にスリスリするまでになりました。

bokka20160105-3


ここまで1日と数時間です。
こんなに早く落ち着くとは思ってなくてびっくりです。

そして翌朝、つまり今朝、りっぱなうんちも出てました!
もちろんちゃんとトイレの中にですよ(*^^*)

順調順調!

すっかりリラックスして、撫でるだけじゃなくわちゃわちゃ触っても嫌がりません。
なんていうか、おっとりというかマイペースというか、
いかにもデブ猫!って感じの子です。

あんまり動かない動画、ご覧ください。(でも後半に動きがw)
身体に似合わないカワイイ声なんですよ。




カメラに寄り過ぎの牧歌でした。

ね、なかなかかわいいヤツでしょう?

目くそ鼻くそオンパレードで汚いですけど、もう少しでぴかぴかになりますから。
明後日金曜日、去勢手術他一式病院で済ませてきます。
血液検査もします。
代々野良猫の家系なので、猫エイズや白血病キャリアの可能性はあります。

でももしキャリアだったとしても、こんな味のある可愛い牧歌だもん、
きっと良いご縁があると信じています。


bokka20160106-1


bokka20160106-2


bokka20160106-3



さっき抱っこに挑戦したら、あっさり成功しましたよ。


bokka20160106-4


おとといおしっこもらした猫とは思えませんね(笑)
もちもちして良い抱き心地です。

手術が終わって落ち着いてから改めて飼い主さん募集しますので
楽しみに待っててくださいね!


bokka20160106-5

よろしくニャ~!