別海町役場に長いこと保護されていたビビリのビリー。

保護されたのは5月中旬だったはず、
かれこれ半年以上も役場の抑留施設で暮らしました。

当初はとにかく人が怖くて(今もですがw)
人がいるとずーっと吠え続けていたビリー。

でも、毎日お世話をしてくれた職員さんのまえでは
おとなしく伏せて落ち着くことが出来るようになってきていました。
職員さんからいただいた写真のビリー、
ちょっと情けない顔ではありますが
極度の恐怖や興奮はありませんね。



bb161224-6



そんなビリー、クリスマスイブの今日、
これまで過ごした別海町役場の抑留施設を卒業しました。
長沼町のしっぽの会さんが受け入れして下さることになったのです。


帯広までは浜中町のしおんの会さんが搬送してくださり
しっぽの会さんが帯広まで迎えに来て下さるとのこと。 

今朝8時、しおんの会さんがビリーをお迎えにくるということで
私も見送りに行ってきました。


bb161224-1
 


先日いただいた立派な檻のおかげで
しっかり雪をしのぐことが出来ていました。
実はこの写真に写っていませんが
このまわりはものすごい雪で、
ここまで車で入ってくることが出来ず
膝まである雪の中を漕いで歩いてくるほどでした。
改めて、檻を提供していただいて良かったと思いました。

相変わらず私に対してもビビリのビリー
おやつを食べに小屋から出て来るもへっぴり腰(^-^;


bb161224-2



あら、ビリー!!!



bb161224-3



お口に雪が(笑)
そんな顔してわんわん言っても怖くないですよ~。


しばらくビリーとお話したあと、
いざクレートへ。
やはり抵抗しましたが、でも思ってたよりはスムーズにクレートへ。
そこはやはり経験豊富なしおんの会の代表福澤さんの手腕です!


無事にビリーの入ったクレートを福澤さんとふたりで
膝までの雪をかき分けて車まで運びました。
運んでいる間、暴れることもなくじっとしていたビリー。
これから何が起きるかと不安で固まっていたのかな…

情けないお尻が…


bb161224-5


ビリー、なにも怖くないよ、
優しいボランティアさんたちや
ビリーと同じような仲間たちがいっぱいいるところへ行くんだよ。


bb161224-4


そんな情けない顔しないでよ(笑)


私がお尻をつんつんつついても怒ることもせずじっと固まってました。

でも、ビリーはホントにビビリなだけで
けして凶暴な子なんかじゃないんです。

これからはたくさんのボランティアさんの中で過ごして
人が怖くないことも学んでいくでしょう。

イケメンビリーだもん、
人に心さえ開いてくれたらきっと素敵な飼い主さんが見つかる。
だから頑張るんだよ!


春になったらしっぽの会さんまで会いに行こうと思っているけど
もしかしたら会いに行く前にさっさと新しい飼い主さんのとこへ行っちゃうかもね。
それはそれで嬉しいけどね。



そんなわけで、長らくビリーを見守って下さった皆さん
ありがとうございました。
地元でご縁をつなぐことが出来ず、力不足を痛感しています。


長期間、殺処分せずにビリーのお世話をしてくださった別海町役場様
そしてそんなビリーを引き受けて下さったしっぽの会様
搬送のお手伝いをしてくださったしおんの会様

本当に皆さんありがとうございました。



ビリー、必ず幸せになってね。