12月27日追記:本日愛護団体様へ譲渡されました。



中標津町役場に、野犬の子と思われる子犬7頭が保護されています。
今年10月に保護された子犬の兄妹と思われる子(当時捕まらず逃げた子がいたそうです)や
その後生まれたと思われる子など、月齢が違う子が混じっています。
中標津町俣落の農家さんの敷地内で保護されたそうです。

 ※10月に保護された子犬たちの記事はコチラ → 中標津町役場訪問~子犬4頭保護されました


集合1



現地には野犬数頭の群れが出入りしており、
捕獲器も設置していますが、賢く、捕まらないそうです。
親犬を対処しないことには、今後もまた子犬が産まれるでしょう。
1日も早く親犬たちが保護されることを祈ります。

そして、完全に野犬化する前に保護された運の良いこの子たちに
どうか良いご縁がありますように。
すでに迷子の公示は終了しており、週明け火曜日より新しい飼い主募集となります。


集合2


集合3


今日、会いに行ってきたのですが
人馴れしているとは言えませんが凶暴性は感じられず
ただ臆病なだけという感じでした。
吠えたり唸ったりということもなく
おとなしくじっと固まっている状態です。
ただ、人に触られたことがないので
性別を確認しようと職員さんが抱きかかえたら
ビビリションを漏らし
パニクって職員さんの手を噛みました。
野犬の子なら最初はこういうこともありますが
無理に触ろうとせず、ゆっくり信頼関係をつくることで
これから十分懐くレベルです。

というわけで、まだ無理に触る段階にない状態でしたので
今日は性別確認は無理にしないことにしました。
そのため写真だけで性別はわかりませんので
譲渡希望の方は後日現地で確認していただくよう願います。
私もまた足を運んで、状態を見て確認出来るようであればしたいと思っています。
  ※12月25日追記:本日確認に行ってきたところ、茶色2頭がオスで残りは皆メスのようです。
   はっきり確認させてくれない子は覗き込んで確認しただけなので、100%正確ではありませんが
   ほぼ間違いないと思います。

その後、檻の外から手を入れて頭を撫でてみたところ
それだとパニックをおこすことも逃げることもなく触らせてくれました。
これから日々職員さんにお世話してもらうことで
人が怖くないことを理解してくれると思います。

なでなで2


なでなで1


みんなとってもめんこい、キレイな目をした子たちです。

現在は7頭では窮屈な檻の中で保護されており
決して良い環境ではありません。
これから年末年始のお休みにも入ってしまい
充分なお世話も受けられなくなってしまいます。
なるべくなら年内に幸せをつかんでほしいと思います。


クリーム色の子2頭、茶色が2頭、黒が3頭の計7頭です。



No1
一番大きな子。この子は10月に保護された子犬と兄妹ではと思われ
生後5ヶ月くらいではないかと思われます。
この月齢まで人と関わって来なかったわりには落ち着いていて
穏やかな気性に見えました。

No1クリーム大


No2
月齢3ヶ月前後くらい。
おとなしく撫でさせてくれた子です。

No2クリーム小



No3
月齢3ヶ月前後くらい。
茶色のモフモフ。

No3茶色1



No4
月齢2~3ヶ月くらい
茶色の短毛。
この子もなでなで出来ました。

No4茶色2



No5
月齢3ヶ月強くらい
黒のモフモフやや大きめ
この子がビビリションもらしてパニくった子です。
臆病なだけで凶暴なのとは違います。

No5黒モフびびり



No6
月齢2~3ヶ月くらい
黒モフモフの小さいほう
この子もなでなでさせてくれた子

No6黒モフ小



No7
月齢2ヶ月くらい
黒短毛。7頭中一番小柄ですが
性格は結構やんちゃかも。

No7黒ちび




月齢や性格は今日私が見た印象なので
正確ではないかもしれません。参考までに。
まずは犬を家族に迎えようとお考えの方は
是非会いに行ってみてください。

明日から連休ですので、役場へのお問い合わせは火曜日からになります。
火曜日朝8時半以降にお電話でお問い合わせの上
会いに行ってくださいね。
7頭みんなが新しい家族のもとで新しい年を迎えられますように!


お問い合わせ先

中標津町役場 農林課 電話 0153-73-3111
中標津町役場ホームページ
https://www.nakashibetsu.jp/sangyo/nourinchiku/shizenkankyo/mayoiinu/