終わらない映画

手の届く範囲で細々と、行き場のない犬猫の新しい家族探しのお手伝いをしています。

中標津町役場

中標津町役場訪問~子犬4頭保護されました

10月16日追記:黒の男の子も本日新しい飼い主さんに譲渡されました。これで全員譲渡となりました。

10月15日追記:黒の女の子と白黒の女の子2頭は本日新しい飼い主さんに譲渡されました。




中標津町俣落の農家さんの敷地内で子犬4頭が保護されました。
現地には野犬が数頭いるとのことですので
この子たちはその野犬の子と思われます。

役場で迷子の公示をした後、新しい飼い主募集となりますので
この子たちを家族に迎えたいという方がいらっしゃいましたら
中標津町役場までご連絡をお願いします。



役場より連絡をいただき早速会いに行ってきましたが
とーってもおとなしい子たちでした。
野犬の産んだ子で間違いないと思われますが
これまで人と全く顔をあわせずに育ったようで
それが逆に良かったのか、威嚇などもありません。

こんなふうに、職員さんにおとなしく抱っこされちゃいます。


20181012-5


兄妹と思われる4頭は生後1か月強~1か月半くらいでしょうか。
離乳済み、ドライフード食べれます。

職員さんに抱っこされてた子熊みたいな黒い子がオス。


20181012-1


残る3頭はメスです。

こちらの黒ちゃんは個性的な白い鼻先の模様。
ケージの奥でじっと固まっていたのですが
出してあげたらまわりに興味津々、うろちょろし出しましたよ。
もう少し環境に馴れたら
一気にお転婆さんになるかもしれませんね~(´▽`*)


20181012-2



残るメス2頭は白黒でやや長毛。


20181012-3


20181012-4





男の子が現時点でも一番体が大きく、成長後もやや大きめになるかもしれません。
女の子3頭はあまり大きくない中型、といったところでしょうか。

野犬の子で間違いないと思われるので元の飼い主が出てくることはないでしょうから
週明け早々には譲渡可能となると思われます。
引き取り希望の方は週明け月曜以降に
直接中標津町役場までお問い合わせ願います。
保護されている環境は決して子犬にとってベストな状態じゃないので
1日も早く新しい家族のもとで暮らしてほしいところです。

この子たちを家族に迎える方は
どうか同じような命が増えないよう、避妊去勢をお願いします。



お問い合わせ先

中標津町役場 農林課 電話 0153-73-3111
中標津町役場ホームページ
https://www.nakashibetsu.jp/sangyo/nourinchiku/shizenkankyo/mayoiinu/

チョロ、ついに保護出来ました!

今日は大変嬉しい報告があります。
タイトルにしちゃいましたが
なんと!ついに!
中標津の放浪犬チョロを保護することが出来ました!


ブログに最初に記事にしたのは去年の6月7日 → 放浪犬“チョロくん”保護に向けて


町民の方から放浪している犬がいて保護してあげたいと相談を受けたのが
去年の5月20日のことでした。
その時すぐには思い出さなかったのですが
実際にチョロに会って思い出しました、
私、その2ヶ月ほど前にチョロを見かけていたんです。
あるるの駐車場の前をうろうろ歩いていたんです。
その時は首輪をしていたので、近所の飼い犬が放れてきたんだと思い
保護しようと試みたのですが、ササーっと逃げて行ってしまいました。
その日の写真が残っています。


IMG_8126


って、チョロは写ってないんですが(^-^;
日付を確認したら3月24日でした。
少なくともその頃からすでに自由に歩き回っていたことになります。
その時していた首輪はどうなってしまったのか
今となってはわかりませんが…
間違いなく一度は飼われていた子でした。

そんなチョロが帰る家がなく、中標津中をうろうろと10ヶ月も放浪。
長かったですね。
とても慎重で、捕獲器には見向きもせず
農家さんの敷地に現れても牛舎や倉庫など建物には絶対入らずでした。


そしてこれが今年1月6日のチョロ。


choro170106



雪の中を颯爽と歩いてます。
いつもチョロを見守ってくださっていた方が撮った写真です。

冬になっても元気いっぱいのチョロ、
この調子じゃ保護はもう無理かと諦めかけていたのですが
なんと昨日ついに、役場さんが仕掛けた捕獲器に入ったのです。

さすがにここしばらくのマイナス20度を下回る気温に
耐えられなくなったのかもしれません。

捕獲器を設置したお宅の方が、捕獲器の中に毛布を入れて下っていて
チョロはそこにちょこんと乗ってまるくなっていたそうです。


昨日夕方中標津町役場の担当者さんから連絡をいただき
早速本日引き取りに行ってきました。

捕獲器の中のチョロです。


16230010_1234290663322340_2010292451_o

16326020_1234290079989065_1065170524_o


何となくは私の顔も覚えていてくれたんでしょうか。
少し抵抗しつつもなんとか首輪を付けさせてくれました。

ただ、リードがどうしても我慢できない(怖い)ようで
リードをガブガブかじります。
さらに、やっとつけた首輪が緩いので締め直したくてもさせてくれず
このままでは安全に捕獲器から出すことが難しかったため
今日のところはこのまま捕獲器ごと連れ帰ることになりました。


チョロを今後保護するのは私ではなく
中標津町の「なごみ鍼灸院」さんになります。
役場のトラックで搬送していただきました。


到着後のチョロ、緊張中。


0115d8593128b5294d438d89b47025cedfb8453737



このままなごみ鍼灸院さんで飼うことになるか、
改めて飼い主さんを募集することになるかは
今後のチョロの様子を見て考えることになります。

まずはチョロに人と暮らすことを思い出してもらうのが先ですね。

緊張はしていますが、撫でさせてくれて首輪もとりあえずはつけさせてくれたし
なんと顔を近づけたらチョロも近づいてきて鼻と鼻をくっつけることも出来ました。
咬まれてませんよ(笑)
手をペロペロ舐めたり、いたずらっぽく甘噛みしたりもします。
あくまでも甘噛みです。
ちゃんと加減がわかるオトコです!


ただ、今はまだまだ緊張もありますし
なんせ10ヶ月も自由を謳歌してきた子ですから
脱走を試みる心配もありますので
まずは無理せずゆっくり時間をかけて
チョロの心を落ち着かせるよう、私も協力して見守って行くつもりです。




このブログやFacebookでチョロについて呼びかけをしてきましたが
これまで多くの方にたくさんの目撃情報等をいただいて来ました。
長くチョロの記事をアップしていなかった時でも
見かけるとすぐに情報をくださっていたみなさん。
本当に支えられてきました。
チョロにもその思いはきっと伝わっています。
情報を下さった皆さん、見守って下さったみなさん、本当にありがとうございました。


再会したチョロは、とても放浪犬とは思えないくらい
身体はしっかりしていて、ガリガリなんかじゃありません。

あちこちでご飯をもらっていたものと思われます。
餌やりに関してはいろいろな意見があるかと思いますが
こうしてチョロが元気で生きて来れたのも
そんな餌やりさんの存在があったからです。
まぁ、外犬さんのごはんを勝手に盗み食いしてたのもあると思いますが(笑)


なにはともあれ、チョロが無事保護されて本当に良かったです。


あっちへチョロチョロこっちへチョロチョロ出没するチョロのために
何度もあちこちに捕獲器を設置して下さった中標津町役場さん、
お疲れ様でした。そしてありがとうございました。


チョロ、絶対幸せにならなくちゃね。


みなさん、引き続きチョロを見守っていてください。
関わったすべての方に感謝です!
本当にありがとうございました。


プロフィール

ゆずゆきん

最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: